癒し系手芸 羊毛フェルト

yomo1_1213
手芸屋さんでよく見る可愛らしいマスコット”羊毛フェルト”

皆さんも一度は作ってみたい!と思ったことがあるのでは無いでしょうか?
しかし、わたくしはあの何とも言えず可愛らしく愛らしい表情が作れるとは思えず、作るのや止めて買おうかな…と思ったことが2度3度。

どうしても、縁のある犬が欲しくなるため、なかなか見つからない現状です。

とっても気になっていた羊毛フェルトですが、この度、羊毛フェルトのデザインをされていらっしゃるH.和美様が羊毛フェルトに使うパーツの収納に、
当店のビーズケースLサイズが合うようだ。と見つけて下さって購入頂きました。

普段、羊毛フェルトと言えばキットにしかなっていないタイプを見るばかりでしたが今回は専門的にしておられるとの事で、どのような部品があるのか教えて頂くことに致しました。

快く教えて頂き、また収納した状態のお写真まで送ってくださいましたので、これからしてみようかな?と思われている方、参考にして下さいね。

yomo2_1213

左が目などに使うパーツで、種類もサイズによってたくさんあるようです。
100個以上も入るとの事です。
また、右のお写真では、ブローチのパーツが入っています。
一番右の葉っぱのパーツは、このブログの先頭のお写真のリンゴで使われています。

yomo4_1214
本当に、どの手芸もはまればはまるほどパーツアイテムが増えて行きます。
増え切っちゃうとお片付けも大変だし、探すのも苦労しますので、
早め早めに収納は考えましょう♪

先頭の作品は、すべてblue moon様によるデザインです。

blue moon様は、minneでご活躍中です。
https://minne.com/@kazoo-s

季節柄、わたくしはコレがおすすめ!
https://minne.com/items/7030802

 

この度頂きました嬉しいお便りのお礼として、さっそく下記の「お花のストラップ」をプレゼントさせて頂きたいと思います。

yomo3_1213

ありがとうございます。blue moon様♪

葉月硝子

広告

オリエント急行殺人事件

720

ご存知、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」がこの度新しく映画化されました。
さっそく劇場へ行ってみました。

最近、妙に映画を見に行くときに ドキドキ心配になるんです。
字幕で見るのですが、字を読んで出演者の表情を見てそしてまた字を読んで…。
そんなことをしている間に、どちらかを見落として、話が分らなくなるんじゃないかと心配なんです。

特に、今回は主演とされているのがジョニーディップ。
この方の顔は是非、じっっっと見たいのです。

コミカルな役やひょうきんな役、シリアスな役と色々な場面で活躍中のジョニーディップの顔は、今回はどんな顔で?と興味があって。

しっかり顔を見れば、この殺人事件の内容が読み取れない。しかし、ジョニーは見たい。とあれこれあれこれ、悩みながら上映の時間となりました。

そうしたら、な!な!なんと、
名探偵ポアロが、容疑者の乗客たちに一人一人、長く話し込むもので、眠たくなっちゃって。
結局、あまりポアロの活躍が…話の内容が…今一つつかめないまま、最後の事件の種明かしになって。

いったい何なんだ!と言う気で自分に腹が立つ始末です。

しかし、最後にポアロが列車に乗客を乗せたまま、中央をゆっくり歩きながら列車を降りる場面に、釘付け!

ポアロさん、あなた、あなた その手にその手にお持ちのその鞄。
当店でも取り扱っている、ファイバー製の鞄ではございませんか?

まぁ、凛々しいお姿。お似合いです!
その、その小さなファイバー製の鞄には、何が入っているのでございますか?

映像の画面にかぶりついて、お聞きしたい。その鞄の中身を是非教えて下さい。
名探偵は、何をお持ちなのでしょうか?

もう、そこだけしかわたくしの頭には残りません。

あのファイバー製の鞄、当店にオファーは「当然」来ていません。
ロードショーで扱われる小物を当店にお任せいただくはずも無く、あれは やはり世界的に有名なあのお店のものでは無いでしょうか?

さっそく、調べてみました。
はっきりとはわかりませんが、あのグローブトロッターが、
「オリエント急行殺人事件」とのコラボコレクションを出しておられます。

やはり、そうなのですね。
グローブトロッターのバッグをポアロさんが持っていたのね。

皆様、グローブトロッターは世界的に有名な旅行鞄のお店です。
しかし、ここで日本を自慢したい。
あのグローブトロッターでさえ、ファイバー部分は日本の物を使っています。

そしてそのファイバーは、当店でも使っている物と同じです。
日本でグローブトロッターをお使いの方は、ファイバーの部分だけは逆輸入をしていることになります。

しかし、他の装飾品や色、部品、デザインすべてはトロッターのオリジナルです。
日本の職人も頑張っていると言う事は覚えておきたいですね。

葉月硝子

ディナーは笹かまぼこ

kamaboko_1208

先日、友人から笹かまぼこが送られてきました。
毎晩、ディナーは笹かまぼこがテーブルを飾ります。

おやつでも美味しいので、夕食以外でもぱくぱく。

宮城県にお住いの阪神タイガースの応援隊として仲良くして頂いている方です。
おいらの街じゃ、これが特産品だぜ!と言えるものがあると、土地の離れた方に贈り物をする時に非常に助かります。

毎年、迷いなく笹かまぼこを送っていただけるため、この時期 わたしたちは楽しめます。

そう言えば、静岡県の業者様からは、「お茶」です。
新潟県の業者様からは、「米菓」、兵庫県の豊岡市からは、なんとご自身が作ったと言われる「お米」。千葉のこれまた阪神タイガースがらみの友人からは、落花生が贈られてきます。

神戸には何があるのかな?
身近過ぎて、分からなくなっています。
お返しはいつも、神戸に本社を持つお菓子ばかりで、申し訳無いと思うばかりです。

葉月硝子

栗福柿で師走の福

kuri_1205

「良平堂さんの栗福柿」を頂きました♪

どーんとアップでお見せしておりますが、このお菓子、最初っからごらんのように割れています。そして 外は干し柿、中には栗きんとんが入っていて、甘党さんにはたまらない美味しさです。

毎年今時分に予約するおせちは、絶対に栗きんとんが入ったものを選んでおりましたが、お正月も、必ずしも何日もおせちを食べるという事が無くなって、ついつい、最後の方は食べきれなくなる状況だったので、今年は予約を辞めました。

大晦日の午後に、近くのお店で食べられる量のおせちを買う事にしたので、お正月に栗きんとんがいただけるかどうか…と思っておりましたが、思わず、こんな形で12月に栗きんとんをいただける機会があったなんて……感謝!感謝!でございます。

最近は、洋菓子をいただく機会が少なくなりました。その分、和菓子を良く頂きますが、粒あんが苦手ですので、そこをちょっと避けつつ和菓子で季節を感じています。

葉月硝子

伊丹のクラフト展

1202

先日の休日に、ぶらりと「伊丹市立工芸センター」へ行ってきました。
ちょうど、お写真の「2017伊丹国際クラフト展」をしておられて、
いつものビーズとはまったく違うジュエリーを拝見致しました。

実はどれも芸術的に高度過ぎて、良いのか悪いのかさっぱりわかりません。
しかし、厳選な審査をされていらっしゃるので、作る方の意思と作品に対して
賞が与えられるのだろう…と、まるで他人事です。

大賞や準大賞には、デザイナーさんがどのような気持ちを込めて作ったのか?の
紹介があったので、難しい事をジュエリーのデザインに込められるものだな~と
感じました。

全ての作品が、「なんだこりゃ?」と思う物も多かったため、
デザイナーさんが込められたメッセージを全て読みたいと思いました。

色、形共に一風変わった物が多い物の、表現に使われた「素材」が見どころかな?と
思った次第です。

同じアクセサリーを作る人間ですが、その差は大きすぎて、
改めて「わたくしの位置」を考え直した次第です。

さて、この伊丹工芸センターは、今回のクラフト展以外に教室を開催されていらっしゃいます。
彫金、陶芸、銅版画、古楽器制作など、習いたいけどどこでやってるんだろう…と
お探しの方もいらっしゃるのでは?と思う実技講座があり、是非気になる方は
ホームページでチェックしてみて下さい。

工芸センター内では、生徒さんが作られた作品を販売されているコーナーもありました。

伊丹市立工芸センター
http://mac-itami.com/
実技講座はこちらをご覧ください。
http://mac-itami.com/kouza/index.html
葉月硝子

 

お濃茶

wj_00.jpg
京都からお菓子が届きました。

これ、何だと思われますか?
わたくしも初めてご賞味させて頂きました、お茶のチョコレートです。

今日のお題にもなりました、このお菓子「ほろほろチョコレート・お濃茶」と名づけられています。
お濃茶(おのうちゃ)はお薄(おうす)の逆でとってもコクのある濃いお茶ですがお茶の席では、なかなかの美味で甘みも感じるお茶だそうです。

ただし、今回頂きましたこのお濃茶のチョコレートは、
ちょうど、チョコレートの甘すぎる部分をかばうように、程よい苦みが口に残り、
とっても大人の美味しさなんです。

お写真のくちびるの入れ物に十字に掛けてある輪ゴム、外すとその上に載せました、怪獣と亀でしょうか?このような輪ゴムとなっています。可愛いです。

また、このチョコレート上下にべニア板で挟まれて、このちょっとした工夫にもほっこり致しました。

お店のホームページを見ると、もっともっと京都らしいお菓子がずらり!
この秋は、紅葉をみるついでに寄ってみたい気がします。
マールブランシュ京都北山
http://www.malebranche.co.jp/

京都の北山にはビーズショップ”ドログリー”もあります。
そこにも立ち寄ると、楽しい京都の一日になりそうです。

葉月硝子

少し早めの冬支度

ru_01.jpg

朝夕だけは、上着が無いと寒いと感じる日々ですね。
皆様、お風邪はひいてませんか?

さて、このお休みは相変わらず百貨店回りです。
11月にラッピングの先生からもしよかったら、行ってみて下さいね。と ご紹介頂いていたルーアンさん。

すでにいろんな百貨店に出品していらっしゃいましたので、 インスタグラムで見させて頂いたところ、

裏と表の柄が違うスヌードを販売していらっしゃるとの事で、 是非、伺いたいとカレンダーにマークを入れて、この日を待っていました。

ルーアンさんは、スヌードの他にオリジナルのカゴバッグやブローチ・バッグチャーム等を
販売されていらっしゃいます。

カゴバッグにも惹かれましたが、

ru_03.jpg

夏になっても買えるわ…と、
今回は、少し早めの冬支度として、お目当てのスヌードとそしてそれに合わせたピンバッチを買ってきました。

ru_02.jpg

ルーアン様ともお話が弾み、今後の催事の予定なども教えて頂きました。
わたくし達、ビーズ手芸が好きな人たちにもお勧めの機会が!

12/13~19日、上記のブローチのワークショップが開かれます。
事前ご予約も必要なので、是非 下記をご覧くださいね。

http://rouen-color.com/index.html

フェイスブック:https://www.facebook.com/rouen.color/
インスタグラム:https://www.instagram.com/rouencolor/

葉月硝子