ビーズチェストを活用される方

グラスマーブルにとって、お買い上げ頂くすべての方がお客様には違い無いのですが、
しかし、10数年ビーズチェストを販売してきた過去を振り返ると、
どのような方が買って下さったか?という統計が出てきます。

それは、すなわち当店にとってのお客様としておすすめするターゲットという事にもなり
非常に重要な点であると感じます。

このターゲット、どのような方にお使い頂くと満足して頂けるか?と言う点に置いて
当初グラスマーブルを立ち上げた時、そして運営が軌道に乗ってきた時、
ビーズブームの衰弱によって、その販売に陰りを見た時、
そして今は、個人の趣味の一環として売り場に立たれているミンネなどで
ご活躍の方々の増加。

今一度、どの時代に置いても、グラスマーブルの商品を喜んで下さる方の
ビーズに対する立ち位置。を考える事に致しました。

ビーズのブームについてもいろんな時期がありましたが、
一貫して変わらずにグラスマーブルと良き関係を築いていただき
長く応援して下さる方には、ある一定のグループとも呼べる性質を感じてしまします。

今、たまたまこのブログをご覧いただいている「貴方」が
過去から現在、グラスマーブルと良き関係を持てた方に良く似た環境においでであれば
たぶん、グラスマーブルの商品に満足して頂けるでしょうが、
まったくスタンスの違う方であるとするならば、
もしかして、当店の商品は何の興味も無いものであられるでしょう。

実はこの事について強く意識したのは最近の事です。
それでは、その方々をご紹介致します。

まず、必ずと言って良いほど、お金に余裕がある方です。
ビーズを趣味の一環として捉え、楽しい事としてご自分の生活に取り入れていらっしゃる方。

誰もがそのように思いますか?
いいえ、そうではありません。

どうにかご自分の作った作品を売ることに精一杯に働き、
作品=お金と結び付けていらっしゃる方は、余裕のある方ではありません。
他店のアクセサリーが売れている事を妬ましく思ったり、
同じアクセサリーを販売しているのにも関わらず、常にライバル心をのぞかせる方
そのような方は、違います。

グラスマーブルを運営する上で、お声をかけて下さる方、そしていろんなビーズ事情を
教えて下さる方、丁寧なお礼を言って下さった方、

そのメールの文章から響く「品」という物をどれだけ感じさせて頂いたか解りません。
そして、そのような方が使って下さるという事に、非常に誇りを感じました。

もう一つの特徴は、
ご自宅で仲の良い友人や知人、ご近所さんとこじんまりビーズ教室をされる方です。
中にはご自身が先生となり教えていらっしゃる方も多いです。
しかし、お友達の交流として楽しむビーズをされていらっしゃる方も多いです。

なんて、楽しくすばらしい仲間をお持ちなんだろう。と思った事が何度もありました。

それは大手手芸メーカーの講師をされている方や、文化センターなどで
大勢を前にビーズを教えている方や本を出されていらっしゃるビーズアーティストの
方ではありません。

そのような方は、完全なるプロでいらっしゃいますので、
グラスマーブルのビーズの道具や収納用品などでは間に合わない。あるいは、
別の何か良い道具をお作りになられている。そういう背景があるかもしれません。

そこまでプロ級にお仕事としてビーズに携わるのでは無く、
ビーズを楽しむ事に重要視されている方、そんな方がたくさんいらっしゃるような
気がします。

わたくしは、長い間 ビーズの先生にも使って欲しいと願っていましたが、
それは間違いだったことに気がつきました。

わたくしがお手伝いできるのは、
少ない気が合う仲間で集まるご自宅のサロンで、お越し頂いたお客様がそれぞれに
ビーズを選ぶための「ビーズチェスト」をご提供させて頂く事、
そのような気持ちに改めないといけない事、それがようやく分かったような気がします。

そしてそうやってお知り合いにならせて頂いたお客様は、
どの方も、人に好かれる方ですし、おおらか、懐が深いとも言いましょうか?
本当にわたくしなどはお勉強になるばかりです。

この事に気づいた背景がありました。
グラスマーブルでの相棒 間宮が先日、同窓会がありまして
再会した友人と何度か会ったり、ラインをしたりと、高校生に逆戻りしているのですが

どなた様もご自宅サロン的な場所で、お互いに良い交流を持って楽しんでいる事を
知りました。

そしてその方々がどの方も、裕福です。お金ではありません、心がです。
フッと気がついてみると、グラスマーブルにお声をかけて下さってる方が
そのような方ばかりという事に、気がついたのです。

今、これをお読みの貴方がもし そのような背景をお持ちの方なら
きっと、グラスマーブルの道具や収納用品に満足して頂けるでしょう。

ひとつの基準として考えて見られてはいかがでしょう?

わたくしはサロンも一緒にビーズを楽しむ仲間もいませんが、
そんな方にお1人でもお知り合いになり、商品を勧められたら嬉しいと思っています。

葉月硝子

 

広告