マルカンが外れて …回避する方法

いつの間にかに、マルカンが外れて ネックレスがちぎれたみたいになったり、
ストラップが外れたりしていませんか?

マルカンは結構、曲者(くせもの)です。

ネックレスやピアスなど長く使っていると、接続の部分で使っているマルカンが
両者の重みの小さな力がかかっていつのまにかマルカンの継ぎ目が広がります。

そして、その継ぎ目がくるくると回って下に来た時に、ポロッと外れてしまうんですね。

これを回避する方法としましては、

①マルカンは使わず、Cカンを使う。
Cカンは縦に長くつける事になります。
すると、両者のビーズの重みが少しぐらいかかっても、
継ぎ目が横にあるので、開きにくいという特性があります。

②マルカンだけは、少し太めの0.7以上を使う。
ガラスビーズやアクリルビーズ、チェーンなら耐えてくれます。
それでも天然石は、7ミリ以上のものを使った場合には
丸カンでは、耐えられない事があります。

③ストラップなど、特に外れるのが常。という作品には、
できますれば…2重カンを使う事をお勧めいたします。

せっかくできた作品が思わぬ時に外れてブルーになることが
ありますね。

上記のような工夫を心掛けてくださいね。

葉月硝子

広告

投稿者: glassmarble

上質の時間を貴方に… 使い続けて、ますますビーズクラフトが楽しくなる…グラスマーブルはそんな素敵な 「ビーズのためのお道具」 を皆様にお届けします。