オリエント急行殺人事件

720

ご存知、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」がこの度新しく映画化されました。
さっそく劇場へ行ってみました。

最近、妙に映画を見に行くときに ドキドキ心配になるんです。
字幕で見るのですが、字を読んで出演者の表情を見てそしてまた字を読んで…。
そんなことをしている間に、どちらかを見落として、話が分らなくなるんじゃないかと心配なんです。

特に、今回は主演とされているのがジョニーディップ。
この方の顔は是非、じっっっと見たいのです。

コミカルな役やひょうきんな役、シリアスな役と色々な場面で活躍中のジョニーディップの顔は、今回はどんな顔で?と興味があって。

しっかり顔を見れば、この殺人事件の内容が読み取れない。しかし、ジョニーは見たい。とあれこれあれこれ、悩みながら上映の時間となりました。

そうしたら、な!な!なんと、
名探偵ポアロが、容疑者の乗客たちに一人一人、長く話し込むもので、眠たくなっちゃって。
結局、あまりポアロの活躍が…話の内容が…今一つつかめないまま、最後の事件の種明かしになって。

いったい何なんだ!と言う気で自分に腹が立つ始末です。

しかし、最後にポアロが列車に乗客を乗せたまま、中央をゆっくり歩きながら列車を降りる場面に、釘付け!

ポアロさん、あなた、あなた その手にその手にお持ちのその鞄。
当店でも取り扱っている、ファイバー製の鞄ではございませんか?

まぁ、凛々しいお姿。お似合いです!
その、その小さなファイバー製の鞄には、何が入っているのでございますか?

映像の画面にかぶりついて、お聞きしたい。その鞄の中身を是非教えて下さい。
名探偵は、何をお持ちなのでしょうか?

もう、そこだけしかわたくしの頭には残りません。

あのファイバー製の鞄、当店にオファーは「当然」来ていません。
ロードショーで扱われる小物を当店にお任せいただくはずも無く、あれは やはり世界的に有名なあのお店のものでは無いでしょうか?

さっそく、調べてみました。
はっきりとはわかりませんが、あのグローブトロッターが、
「オリエント急行殺人事件」とのコラボコレクションを出しておられます。

やはり、そうなのですね。
グローブトロッターのバッグをポアロさんが持っていたのね。

皆様、グローブトロッターは世界的に有名な旅行鞄のお店です。
しかし、ここで日本を自慢したい。
あのグローブトロッターでさえ、ファイバー部分は日本の物を使っています。

そしてそのファイバーは、当店でも使っている物と同じです。
日本でグローブトロッターをお使いの方は、ファイバーの部分だけは逆輸入をしていることになります。

しかし、他の装飾品や色、部品、デザインすべてはトロッターのオリジナルです。
日本の職人も頑張っていると言う事は覚えておきたいですね。

葉月硝子

広告