プライベート Xmas

xmas_03

昨夜、クリスマスの夜はひっそりクリスマスケーキを頂きました。
まだ、先日からのインフルエンザの咳が残る状態でございますので、
派手な事もできず、近所のケーキ屋さんで、取り急ぎ買ってきたケーキでお祝いです。

とってもローカルな小さな近所のケーキ屋さんですので、
特に皆様にご紹介するほどの事ではございませんが、
そんな小さなケーキ屋さんも50年を迎えられたとの事。
素晴らしい事でございます。

皆様、神戸のケーキ屋さんというフレーズに何か特別な印象をお持ちでは無いでしょうか?
やけに「お洒落感」があるように思いますよね。

実際は、特に神戸という価値観も無く、街のケーキ屋さんです。
ところが、百貨店などは神戸、そしてケーキ屋さん?売れるんじゃない?やっちゃえ、
持ち上げちゃえ、いけるいける…と言わんばかりに、
必要以上に出店を促す傾向にあるなぁ~とずっと昔から思っていました。

神戸のわたくしの街にはずっと昔「ハイジ」という可愛らしい、そしてとっても
美味しいケーキ屋さんがありました。
バス道に沿ったところにあるそのケーキ屋さんは、ひときわ目立つ可愛い建物。

ケーキを作る職人のおじさんも、人の好い気さくな方。
町内で旅行などがあると、お菓子で作った名刺を配って下さったりして、
サプライズも忘れない素敵な方でした。

ほどなく、みるみる間にそのケーキ屋さんは無くなり、姿が無くなりました。
百貨店に出店したために、根こそぎ経営が立ち行かなくなったのです。

こんな残念な事があるかしら?だって、大きく勝負にさえでなければ
今でも街の人気のケーキ屋さんです。

残念で仕方がありません。

それを思うと、昨夜買ってきたケーキ屋さんは、パティシエのお父様を継ぎ、
ご兄弟で小さく、そして地道に50年やって来られたという印象。

ハイジが無くなり残念ですので、今はこのロアールさんを応援中です。

商売はほどほどが一番良いです。

葉月硝子

広告

投稿者: glassmarble

上質の時間を貴方に… 使い続けて、ますますビーズクラフトが楽しくなる…グラスマーブルはそんな素敵な 「ビーズのためのお道具」 を皆様にお届けします。