歯の治療

261

新年が始まる…という事は、いよいよ歯の治療が始まる事を意味していました。
あ~~やだ!やだ!

昨年暮れに、「お正月休み中は治療の途中にしておくと、傷んではいけませんので、年明けから始めましょう。」とホッとする甘い言葉に大きくうなずいたわたくしも、

もう!逃げられません。始まった途端に、麻酔か……真剣な治療だな。。。

わたくしが今回通い始めた歯医者さんは「インプラントを専門」にされていらっしゃいますが、最初に「先生、わたくしはインプラントはしません。」と釘を刺しました。

すると先生は、「インプラントにする歯はありませんよ。」と。
なんだそうなんだ。でも途中でインプラントの話が出た時に、断り切れなかったら悔しいので最初からはっきりしておいて、ちょっと安心です。

私担当の先生は、ちょっとイケメンです。
しかし、あの台にわたくしを座らせ、右手にキュイ~ンと鳴るもの、左手にバキュームを持った方をイケメンだからと言って心を開けるわけも無く、常に両肩に力が入っている状態です。

この歯医者さんの良いところは、「一日中治療をして一日で終わりにして下さい」とお願いする事も出来ます。しかし、先日今年初めての診療を2時間したところ、かなり疲れ切りました。両肩に力を入れているからでしょう。

こんな疲れることを、一日中とは言わなくても6時間で!なんて、寝込んでしまいそうです。
ですから、早く終わりたいのは山々ですが、通常治療を選んでいます。

とても良い点がありまして、治療の最後に歯科衛生士さんによるお掃除が付きます。毎回、どこかを集中的に磨いてくれるので、とてもありがたいと思います。衛生士さんが磨いているのを観察してみると、歯磨きにも上手、下手があるように思います。そしてわたくしはからっきし下手だと確信致しました。

春には終わっておきたい歯の治療です。

葉月硝子

広告

投稿者: glassmarble

上質の時間を貴方に… 使い続けて、ますますビーズクラフトが楽しくなる…グラスマーブルはそんな素敵な 「ビーズのためのお道具」 を皆様にお届けします。