喫茶店とカフェ

426

喫茶店で珈琲を飲むのが何よりも好きなわたくしですが、
喫茶店の事をお洒落に「カフェ」とか言ったりしますよね。
気分によっていいかえる事もありますし、お見せのお洒落具合で「カフェ」と言ったりします。

関西人通しでは、「茶店行く?」とかって短く言う事がありますし、
ずっとずっと昔の不良さん達は、「茶店で待ちきろか?」なんて悪い言葉もありました。
待ちきるとは待ち合わせをすることです。

ところで、この「喫茶店」と「カフェ」。
実は法律では定義があるのとの事です。

「喫茶店」は喫茶店営業許可が必要で、アルコールを出すことができません。
一方「カフェ」は飲食店営業許可が必要でアルコールを出すことが出来ます。

また「喫茶店」は飲み物やお菓子類をだし、「カフェ」は軽食が加えられるとも言われています。

しかし、これは営業許可を出すときにどうかというだけで、それによってお店の名前が従わなくても良いとの事で、喫茶店営業許可を取っておきながら、〇〇カフェという名前で営業しても構わないとのこと。ややこしいですね。

どちらに行っても珈琲は飲めるようですので構いませんが、アルコールが出せるか出せないか?という部分ははっきりしているようです。

明日はどこの喫茶店に行こうかしら?

葉月硝子

 

広告