少し早めの冬支度

ru_01.jpg

朝夕だけは、上着が無いと寒いと感じる日々ですね。
皆様、お風邪はひいてませんか?

さて、このお休みは相変わらず百貨店回りです。
11月にラッピングの先生からもしよかったら、行ってみて下さいね。と ご紹介頂いていたルーアンさん。

すでにいろんな百貨店に出品していらっしゃいましたので、 インスタグラムで見させて頂いたところ、

裏と表の柄が違うスヌードを販売していらっしゃるとの事で、 是非、伺いたいとカレンダーにマークを入れて、この日を待っていました。

ルーアンさんは、スヌードの他にオリジナルのカゴバッグやブローチ・バッグチャーム等を
販売されていらっしゃいます。

カゴバッグにも惹かれましたが、

ru_03.jpg

夏になっても買えるわ…と、
今回は、少し早めの冬支度として、お目当てのスヌードとそしてそれに合わせたピンバッチを買ってきました。

ru_02.jpg

ルーアン様ともお話が弾み、今後の催事の予定なども教えて頂きました。
わたくし達、ビーズ手芸が好きな人たちにもお勧めの機会が!

12/13~19日、上記のブローチのワークショップが開かれます。
事前ご予約も必要なので、是非 下記をご覧くださいね。

http://rouen-color.com/index.html

フェイスブック:https://www.facebook.com/rouen.color/
インスタグラム:https://www.instagram.com/rouencolor/

葉月硝子

広告

1日で完成のいろんな手芸

charm_1027
ビーズを編んで作ったバッグチャーム。(リースとクリスマスの靴下)

【手芸 1日教室 ご紹介】
クリスマスを来月にひかえた秋の11月、カルチャーセンターや手芸屋さんでは
1日教室などで、簡単にできる手芸を習う事が出来ます。

何かやってみたいなぁと思っている人も、出来るかどうかが心配。
と1歩を踏み出せないでいる方、是非この「一日教室」を体験してくださいね。

お客様がいくつか体験して来て下さったので、作品をご披露いたします。

herbarium_1025.jpg
「UVレジンで作るネックレス」

charm_1026
「レジンで作るツィード風バッグ型」

nk_01.jpg
「ハーバリウム アクセサリー」


細々とした手芸の収納に、色が選べる可愛いツールボックス、ご紹介。

葉月硝子

ふじいでら 手づくり市

fj_01b

11月の3連休はとてもお天気に恵まれました。
わたくしは、3連休の最後の11月5日に、神戸から電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、 大阪の葛井寺(ふじいでら)の方へ出かけました。

葛井寺では、先日新発売をさせて頂いたツールボックス”キャンディ”をご購入下さった お客様が、手作りクラフトを出店していらっしゃるので、出かけて参りました。

葛井寺、そして隣接したブクンダ公園、辛國神社 それぞれでお店が出ていましたが 毎回抽選で当たらないと出れないという盛況ぶりです。
今回はお友達と4人で作品を出されたとか…心強いですね!

fj_02

手を添えているソスペーゾトラスパレンテのリースはすぐに完売になりました。
ちょうど、クリスマスが近いので、わたくしも左横のツリー型になったソスペーゾトラスパレンテのオブジェに目を引かれて…。

fj_03

右上のニット帽が入っているボックスがツールボックス”キャンディ”です。
その下が、今はやりのデコナップビーズです。
わたくしが色々買ったので、袋が無い様子、一緒に出店をされているお友達と頭を寄せ合って、包んで下さっています。

fj_04

ソスペーゾトラスパレンテのツリー、デコレーションボックス、そしてデコナップのピアスを買いました。どれも愛情込めて作った品々です。

この時期に、手作り市や催事をするのはおすすめ。
だって、時期が時期なのでクリスマス商品を置くとみんな買いたくなる魔法にかかります。

次は、春を待つ3月、抽選で当たったらね。という事です。
3月…3月は桜かな?2月のバレンタインディも終わって、作る作品に悩まれそうですね。

fj_05

こちらはおまけ。世間ではハーバリウムがおお流行り。
ん~これかぁ~とじっくり見てみました。

楽しい1日をありがとうございました。

葉月硝子

ビーズの催事「神戸さんぽ×そごう」

nico_03.jpg

昨日、ご近所の神戸そごうでの催事を見てきました。
長くお付き合い頂いている「Nico Ton」さんが出店をしていらっしゃいます。

「Nico Ton」様 情報
http://nicoton.cart.fc2.com/

ここ、神戸そごうの催事は、一般にバーゲンを行う8階とは別に、
各階で小さなブースながらお洒落なステージがあり、
しかもエレベーター横なので、ついついお客様も足を止めるところに
毎回、出品されています。

一緒にディスプレイをされているカボチャはご自宅でなった物だそうです。
この日の為に、一生懸命育てたとか…。

nico_01

お隣に、「ディアプリンセス」様という洋服屋さんがいらして、並ぶので
そちらとのコラボで、洋服に合うアクセサリーを作られたそうです。

nico_02

こちらにあるブレスレットをわたくしも購入させて頂きました。
年齢を選ばない、清楚なデザインは、これからの季節出番が多そうですね。

「神戸さんぽ・そごう神戸店」は
10月17日~30日まで開催中

ニコトン様は10月23日までです。
お近くの皆さま、出かけてみて下さいね。

5階で展示されていた、ポーランドの陶器も興味深い。
http://www.ceramika.jp/

葉月硝子

「きぬのまゆ玉」と「水戸の梅」

IMG_3031

茨城県のお客様から、湖月庵の「きぬのまゆ玉」が送られてきました。
技術優秀賞を贈られた白く可愛らしい和菓子です。

和菓子ですが、黄味飴をホワイトチョコでくるんだ感じが洋菓子の
味わいもあるお菓子です。
甘党を虜にする美味しさです。

「きぬのまゆ玉」はお写真奥、手前は「水戸の梅」

「水戸の梅」は、程よい弾力が美味しい求肥(ぎゅうひと読みお持ちのような口当たり)をシソの葉で巻いた和菓子で、こちらは甘いけれどさっぱりしたお味。

水戸の梅まつりに行ったら買って帰りたい梅みやげ6選にも選ばれている有名なお菓子のようです。

生まれて初めて!と味わうお菓子もところ変われば本当に珍しいものばかり。

水戸のお客様とお知り合いになれて幸せでございます。

ひとつひとつ大切に味わって、渋いお茶を添えたいと思います。

葉月硝子

双子ちゃん

235.jpg
多根照人君と多根靖人君

先日、ワークボードと工具等一式をご購入頂いたお客様から、ご丁寧にお礼のメールを頂きました。
ビーズの講師認定講座の資格を取られたとの事で、これからが楽しみです。

そのお客様のお子様、双子ちゃん(上記のお写真)が、映画「トリガール」の双子の子役として出演されたとの事をお聞きし、さっそくここでもお伝えしたくて書いています。

双子ちゃんって可愛いですよね。ずっと見ていたい気がします。
これからも映画やテレビで活躍されるのかな?と思うと、要チェックが入ります♪

多根さんの双子ちゃんは下記のSNSでもっともっと見れます♪

Twitter
https://twitter.com/teruyasurika?lang=ja

Facebook
https://www.facebook.com/teruyasutane/

インスタグラム
https://www.instagram.com/teruhito.yasuhito/?hl=ja

そして、本日講師の認定を手にするお母さまのインスタグラムもご紹介下さいました。
https://www.instagram.com/babys_breath110/

ブログはこちらです。
http://ameblo.jp/rikatane/

皆様、フォローをよろしくお願いね!

さて、双子ちゃんの話題に戻りますが、
わたくしの身近で、もう数か月も前の事ですが、お隣に双子ちゃんが引っ越してきました。上にお姉ちゃんがお一人いらっしゃいます。

毎朝、「わぁーーーん」という鳴き声で一日が始まります。
きっとお母さまが出かける用意で忙しくされているのだろうと思いますが、泣き声は増すばかり…。

しかしようやく出発の時間になって家を出かける時になると、ひとりはすっかり泣き止み、ひとりは涙一杯の目で「おはようございます」という感じです。

すっかり泣き止んだ男の子はお姉ちゃんが手を引き、涙一杯の男の子はお母さんがだっこして、一生懸命ご出勤のご様子。

そしてこの双子ちゃんはマンションの人気者です。
同じ階の方で、双子ちゃんが出かける時間に合わせて玄関を出て、同じエレベーターで降りようとする方がいらっしゃるぐらい会いたいようです。

たぶん、みんな思いますよね。
わたしが双子で生まれてきていたら…って想像しませんか?

私は小学校の時、学校へ行くのがとっても嫌でした。
でも、そんな時に自分が双子だったら、楽しく行けたんじゃないかな?と思った事があります。

でも、お互いに大きくなるにつれて差が出てきたら、それも嫌だな…と思ったのも事実です。

双子ちゃんの意見を聞いてみたいものです。

葉月硝子

ひょうたんライト

170930

先日、ひょうたんライト教室全国ツアーに参加し、
ひょうたんライトを作って来ました。

ひょうたんを触ること自体が初めてで、なんだか固そうだしこんな絵が描けるかなぁと、とってもとっても自信なく参加致しました。

「したことが無い!」という方に、はっきりお伝えいたしますが、簡単で奇麗に出来上がります。

このひょうたんは、埼玉県在住の須田芳己さんが作り、全国ツアーも須田さんが先生として全国を回っていらっしゃいます。

そんな訳で、たった1日の教室なのですが、1日で心配なく出来上がります。
最初に穴のあけ方を教えて下さいますが、鉛筆で下書きをしてぇ~それから穴を空けます。
と、言われたとたん 生徒全員が、「えーーー、絵心無いぃーーー」と。

もちろんわたくしも絵心はまったくございません!

しかしですね、これは絵を描かなくても、穴の羅列でも良いものが出来るんです。
より高度なものを作りたい方は、もちろん 凝った絵をひょうたんに書いてもそれはそれは良いものができるでしょうが、

絵心が無い方でも、挫折することはまったくありません。

鉛筆で書いた絵は後で消せますので、思いきってあるいは、おそるおそる書いてOK。
そして、穴は半田ごてで空けていきます。

半田ごての先は円錐状になっていますので、大きな穴を空けたいときは、ブスーーーと
奥まで差し込み、小さな穴を空けたいときは、軽く突き刺し手を引きます。

言わば、大きな穴と小さな穴を作る事で柄を作っていくという感じです。

ひょうたんが小さい(約15センチ)ので、2時間ぐらいで、たっぷり穴が空けてしまえます。
短時間で集中して作れる楽しい趣味です。

須田さんのご用意くださるひょうたんは、底にライトを入れられるように、カットしてくださってて、ライト付きですので出来上がったらすぐに部屋の電気を消し、幻想的な自分の作品に酔いしれることができます。

穴の中には3ミリのチェコビーズを入れ、漏れる光が反射してとっても奇麗に出来上がります。

もし、良かったらしてみて下さいね。

詳しくはこちら
http://kokodatte.net/

芸術の秋の始まりだ!